日本サイコオンコロジー学会|JPOS

年別アーカイブ/ARCHIVES-

2009年11月20日 開催

第5回関西サイコオンコロジー研究会のお知らせ

この度、『関西サイコオンコロジー研究会』を本格的に活動することとなりました。当会は関西地区の先生方を中心に専門関係者がネットワークを構築し、良質なサイコオンコロジーを含んだがんチーム医療を構築することを目的に運営しております。前回は再開するにあたり135名と多くに方々に参加いただきました。また、フロアを交えたディスカッションの時間の要望を多くいただきました。下記の通り開催することとなりましたので、是非皆様のご参加をお待ち申し上げております。

関西サイコオンコロジー研究会
代表世話人 所 昭宏


日時:平成21年11月20日(金) 18:00〜20:00
場所:大阪大学中之島センター10F(大阪市北区中之島4-3-53 TEL 06-6444-2100)
http://www.onc.osaka-u.ac.jp/others/map/index.php
会費:1000円
申込方法: 事前申し込みは不要です。
案内をダウンロード

【プログラム】

テーマ:サイコオンコロジーの最前線へ貢献する教育体制のあり方
開会の挨拶 代表世話人 所 昭宏 先生(近畿中央胸部疾患センター 心療内科)
話題提供 18:30〜19:50  
座長 近畿大学医学部堺病院 心療内科 小山 敦子 先生
豊中市立病院  臨床心理士 金井 菜穂子 先生

1.「心理士への教育をどうするか?心理士に期待される役割に関する実態調査の結果から」 
大阪大学コミュニケーションデザイン・センター 平井 啓 先生
2.「PEACE研修:精神腫瘍医師による教育的取り組み」
大阪府立成人病センター  心療・緩和科 主任部長  柏木 雄次郎 先生
3.「サイコオンコロジーにおける教育体制のあり方について:全国的取り組み」
国立がんセンター東病院 精神腫瘍科   小川 朝生 先生

ディスカッション 20:00〜20:30 
「現場で困っていること、教育に関するニードから今後の教育体制を考える」
*会終了後、情報交換の場をご用意致しております

 
PAGETOP