日本サイコオンコロジー学会|JPOS

年別アーカイブ/ARCHIVES-

2015年9月20日 開催

日本サイコオンコロジー学会 サイコオンコロジー研修セミナー参加募集 

2015.08.18 UPDATE【,

日本サイコオンコロジー学会では、学会総会終了後の翌日の9月20日(日)に以下の要項でサイコオンコロジー研修セミナーを開催いたします。
皆様、奮ってご参加下さい。
教育委員会 委員長 清水 研
同 JPOS研修会担当 委員長 上村 恵一

日時:2015年9月20日(日) 9:00開始、14:00終了(予定) 
※一般看護師コース 12:30分終了(予定)
※CNS/CN対象難しい状況での、対話を重視した面接研修会 16:30分終了(予定)
※心理士アドバンスコースIIは15:10分終了(予定)

場所:広島国際会議場( http://www.pcf.city.hiroshima.jp/icch/access.html

募集人数
・精神腫瘍医コース:50名  ※終了時刻14:00(予定)
・多職種支援コース:50名  ※終了時刻14:00(予定)
・心理士スタンダードコース:80名 ※終了時刻16:00(予定) 
・心理士アドバンスコースII:20名 ※終了時刻15:10(予定)
・一般看護師コース:30名  ※終了時刻12:30(予定)
・CNS/CNコース:30名  ※終了時刻16:30(予定)

参加費用:当学会員10,000円、非学会員15,000円
※一般看護師コースは当学会員8,000円 非会員10,000円

*非学会員参加費用で申し込んだ場合、後日学会へ入会されましても返金することはできませんのでご注意ください。
申し込み方法:このページ下部の登録ボタン、あるいはサイコオンコロジー学会のホームページからの申し込みのみとさせて頂きます。
*郵便振替用紙到着後、2週間以内にご参加費の入金が確認できません場合につきましては、キャンセル扱いとさせて頂く場合がございます。
*応募が定員を超えた場合、「キャンセル待ち」とさせて頂きます。また、原則キャンセルに伴う(悪天候、自然災害等に伴う交通網の不通などを除く)参加費のご返金は致しかねますので、予めご了承ください。

【精神腫瘍医コース】

<目的>
日本サイコオンコロジー学会では、患者さんや御家族が安心して受診できるような精神腫瘍医を育成することを目的に、登録腫瘍医制度を発足させました。本研修会の受講は、登録精神腫瘍医となる要件のひとつとなっております。
本プログラムでは、登録精神腫瘍医となるために必要な知識・技能・態度を共有することを目的としております。
*日本精神神経学会のポイント対象(40点)となります。

<対象者>
1. 精神腫瘍医を目指す医師、サイコオンコロジーを始めたばかりの医師
2. 1.の方を念頭に置いた内容となっておりますが、精神科医・心療内科医であれば参加可能です。

<コアファシリテーター>
 清水 研   (国立がんセンター中央病院) 
 谷向 仁  (京都大学医学部附属病院 緩和ケアセンター/緩和医療科)
 吉内 一浩  (東京大学医学部附属病院心療内科)
<ファシリテーター>
 大西 秀樹  (埼玉医科大学国際医療センター) 
 嶋本 正弥 (九州大学病院) 
 松島 英介 (東京医科歯科大学大学院) 
 加藤 雅志  (国立がん研究センターがん対策情報センター) 
 小川 朝生 (国立がん研究センター東病院) 
 武井 宣之 (熊本心身医療クリニック) 
 佐伯 吉規 (がん研究会有明病院 緩和ケア治療科) 
150806_011340.gif


【多職種支援コース】

<目的>
がん患者にみられるせん妄は複数の要因によって引き起こされるため、多職種による介入が有効とされています。
本研修コースでは、せん妄に関するレクチャーのみならず、医師、看護師、薬剤師、心理職、理学療法士、作業療法士、医療ソーシャルワーカーなど多職種によるグループワークを行い、せん妄に対する一次・二次予防や職種ごとのアプローチ内容を明確にし、チーム医療を考えるうえで有用な機会となることを目的としています。

<対象者>
がん患者のせん妄について学びたいすべての医療職

<内容>
まずはじめに、がん患者にみられるせん妄について、基礎から応用まで実臨床に則したレクチャーを行います。
その後、多職種のグループに分かれて具体的な症例についてディスカッションし、そこで出た意見を全体で共有します。
最後に、せん妄の薬物療法について実践的なレクチャーを行います。

<留意事項>
せん妄について、ある程度の基礎知識がある方を念頭にプログラムを考えています。

<コアファシリテーター>
 松岡 弘道  (近畿大学医学部附属病院心療内科) 
 井上 真一郎 (岡山大学病院)
 秋月 伸哉  (千葉県がんセンター)
 船橋 英樹  (宮崎大学医学部附属病院)
<ファシリテーター>
 四宮 敏章 (奈良県立医科大学附属病院) 
 所 昭宏 (近畿中央胸部疾患センター) 
 松田 能宣 (近畿中央胸部疾患センター) 
 菊地 未紗子 (倶知安厚生病院) 
 林 ゑり子 (藤沢湘南台病院) 
 山口 聖子 (行徳総合病院) 
 岡山 幸子 (宝塚市立病院)  
150806_011340.gif


【心理士コース】

研修Ⅰ(スタンダードコース)

<目的>
がん医療やサイコオンコロジーに関する基礎的な知識・技能の獲得

<対象者>
がん医療に携わる心理士
(がん医療に関心のある心理士であれば参加は可能ですが、がん医療に携わる心理士を念頭に置いた内容となっています。
 受講歴がある方でも受講可能です。)

<内容(予定)>
・肺胃がんとその治療(講義)
・がん患者の抑うつと不安(講義)
・がん医療における心理療法(講義)
 -がん患者に対する支持的心理療法
 -がん患者に対するグループ療法
 -がん患者を親にもつ子どもに対する心理的支援

<各種ポイント>
臨床心理士資格更新のためのポイントを申請予定です。

<コアファシリテーター>
 益田 武   (広島大学病院呼吸器内科) 
 掛田 恭子  (高知大学医学部附属病院がん治療センター緩和ケアチーム)
 明智 龍男  (名古屋市立大学病院こころの医療センター)
 松向寺 真彩子(市立豊中病院)
 白石恵子 (九州がんセンター) 
<ファシリテーター>
 尾形 明子 (広島大学大学院教育学研究科) 
 岡崎 賀美 (東大和病院) 
150806_011340.gif


(アドバンスコースII)

<目的>
がん医療の臨床現場で活動する際に求められる知識・技能の獲得

<対象者>
以下の要件を満たした方
・当学会の心理職向け研修会アドバンスコースIの修了者

<内容(予定)>
小グループによる事例検討とミニレクチャー

<各種ポイント>
臨床心理士資格更新のためのポイントを申請予定です。

<留意事項>
・事前に簡単な予習をお願いする予定です。詳細は受講者に連絡します。

<ご参加までの流れ>
はじめに、こちらのオンラインフォームよりお申込みの登録をお願い致します。その後心理職対象の研修会の受講歴の有無等を委員会にて確認し、ご参加の可否につきましてEメールにてご案内させていただきます。(定員20名)
※本研修会の受講資格につきましては先着順ではございませんが、定員に限りがございますため、受講資格を満たされていても、お申込みいただいた時期によりご受講できない場合がございます。予めご了承ください。

<ファシリテーター>
 伊藤 嘉規 (名古屋市立大学)
 岩満 優美 (北里大学)
 平井 啓  (大阪大学)
 浅井 眞理子(帝京平成大学)
 大庭 章  (群馬県立がんセンター)
 三木有希 (名古屋市立大学)
 吉田沙蘭 (国立がん研究センター) 
 小池眞規子(目白大学)
150806_011340.gif


【一般看護師コース】

<目的>
がんを発症された方への看護を実践する中で、寄り添いたいけれども、もっとかかわりたいけれども、どのように対応したらよいのかわからない、と悩んでいる看護師に対して、明日から活用できるエッセンスを習得していただき、看護って楽しいなと再確認していただけることを目的としています。

<対象者>
がん患者の精神心理的ケアのアセスメントと具体的な対応方法について基礎的な内容を学びたい臨床経験10年目ぐらいまでの看護師

<内容>
講義およびグループによる事例検討

<ファシリテーター>
 村上 好恵 (東邦大学看護学部がん看護学研究室)
 海津 未希子(東京大学医学部附属病院 がん看護CNS)
 堀 孔美恵(東邦大学医療センター大橋病院 がん看護CNS)
 梅澤 志乃(東邦大学医療センター大森病院 精神看護CNS)
 紺井 理和(聖路加国際病院 精神看護CNS)
150806_011340.gif


【CNS/CN対象 難しい状況での、対話を重視した面接研修会】

<目的>
がん患者の個別相談に従事するがん専門看護師およびがん看護領域の認定看護師が、面接を通して患者の心理社会的不安を低減するために必要な知識と技法について学び、面接力向上を図ることを目的としています。

<対象者>
がん患者に対する個別相談に従事する 専門看護師・認定看護師 30名

<内容>
講義
1)看護師による面接の目的と特徴
2)面接の構造
3)看護師による相談業務に適した面接技法-対話を重視して-
4)精神保健の専門家に相談すべき場面・状況について
演習
ロールプレイによる面接のトレーニング

<留意事項>
昨年度実施した「がん患者相談指導面接研修会」とほぼ同様の内容です。

<各種ポイント>
特になし。※当日修了証を配布いたします。

<コアファシリテーター>
 川名 典子  (杏林大学医学部附属病院) 
 馬場 華奈己 (岡山大学病院看護部)
<ファシリテーター>
 丸倉 直美  (埼玉県立がんセンター)
 石井 美智子 (北里大学看護部)
 井箟 理恵  (名古屋第一赤十字病院) 
 金子 眞理子 (東京医療保険大学 東が丘・立川看護学部) 
 河野 佐代子 (慶應義塾大学病院看護部) 
 白井 教子  (北里大学病院看護部)
150806_011340.gif

 
PAGETOP