日本サイコオンコロジー学会|JPOS

年別アーカイブ/ARCHIVES-

2016年3月26日 開催

日本サイコオンコロジー学会主催 多職種支援セミナー開催・参加者募集のご案内

2016.01.08 UPDATE【,

謹啓

 平素は私どもの活動に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
 
日本サイコオンコロジー学会では、緩和ケアに関する基礎的な精神症状の理解を踏まえ、より現場に即した実践的な精神症状への対応を学習できることを目的とした、がん医療の精神心理的ケアに関する研修会を企画運営しています。どのような診療科の医師、歯科医、看護師、薬剤師、心理士、理学療法士、作業療法士、医療ソーシャルワーカーの方々でも参加可能です。
 本研修会では、患者さん・ご家族の精神的ケアに関心をお持ちの医療者の方々に、がん医療や緩和ケアの臨床で役立つ精神腫瘍学の実践的な知識を広くお伝えするとともに、広く交流する機会になることを目指しています。
 今回取り上げるのは「がん患者の不眠」です。身体疾患や種々の薬剤による影響、悪い知らせや病状の変化に伴う不安、生活リズムの変化など、睡眠に影響を与える要因について症例アセスメントを行い、また適切な問診などの実践方法をとりあげて、グループワークを進めたいと考えています。また、後半では「家族ケア」についての講義を行います。いずれの内容もPEACEプロジェクトの新モジュールをモチーフに、より実践的にと考えております。
 がんの臨床で精神心理的ケアに関心のある医療者の方であれば、どなたでも参加可能です。
 ふるってご参加くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。


謹白

日時:平成28年3月26日(土) 10時00分から16時30分(予定)
場所: 秋葉原UDX
〒101-0021
東京都千代田区外神田4-14-1
TEL.03-3254-8421
http://www.udx-c.jp/index.html
対象: がん医療、緩和ケアに携わる医師・歯科医師・看護師・薬剤師・心理士・理学療法士・作業療法士・医療ソーシャルワーカー

内容及びテーマ:がん医療の精神心理的ケアに関するワークショップ
「がん患者の不眠」

昼食時間は50分を予定します。ゆっくりと昼食休憩を取っていただくために、600円で軽食を準備します。希望される方はお申込みください。

<内容>本研修会では以下の様な内容を予定しております。
1.講義1 「がん患者と不眠」
担当:谷向 仁先生

2.講義2 「不眠の評価と非薬物療法」
担当:秋月 伸哉先生

3.グループワーク1 「不眠-1」
担当:井上 真一郎先生
・事例検討では、臨床現場で対応や判断が難しい不眠を抱えたがん患者のケースを取り上げ、皆でアセスメントを行い、対応を協議します。

4.講義3 「睡眠薬の選び方・やめ方」
担当:上村 恵一先生

5.講義4 「睡眠の問診」
担当:船橋 英樹先生

6.グループワーク2 「不眠‐2」
担当:船橋 英樹先生
・睡眠障害に対する問診をロールプレイ的に行い、皆でアセスメントと対応を協議します。

7.家族ケアについての講義
担当:吉田 沙蘭先生・加藤 雅志先生

本年は以下のファシリテーター(15名)が担当予定です。

秋月 伸哉 千葉県がんセンター
井上 真一郎 岡山大学病院
岩田 愛雄 国立がん研究センター東病院
上村 恵一 市立札幌病院
岡山 幸子 宝塚市立病院
加藤 雅志 国立がん研究センター
小早川 誠 広島大学病院
佐伯 吉規 がん研究会有明病院
四宮 敏章 奈良県立医科大学附属病院
谷向 仁 京都大学大学院
船橋 英樹 宮崎大学医学部附属病院
丸田 智子 川崎市立多摩病院
林 ゑり子 藤沢湘南台病院
山口 聖子 医療法人財団明理会 行徳総合病院
吉田 沙蘭 国立がん研究センター

※プログラムの内容は変更の可能性があります。
申し込み: 下記の専用フォームからご登録ください。
参加費: JPOS会員10,000円、非会員15,000円
(是非ともこの機会にご入会ください)

sankatoroku.gif

お問い合わせ: 
一般社団法人日本サイコオンコロジー学会事務局
〒112-0012 東京都文京区大塚5-3-13 一般社団法人学会支援機構内
TEL: 03-5981-6016 FAX: 03-5981-6012
e-mailでのお問い合わせは、日本サイコオンコロジー学会ホームページでの専用ページ (http://jpos-society.org/contact) からお願いいたします。

 
PAGETOP