日本サイコオンコロジー学会|JPOS

年別アーカイブ/ARCHIVES-

日本サイコオンコロジー学会について
Our society

日本サイコオンコロジー学会の歴史、教育活動について紹介します。

学会の歴史  History

1980年代にWHOがQuality of life (QOL)に関する専門家会議を召集し、会議を重ねる過程で、1986年に国際サイコオンコロジー学会(IPOS)が創設されました。その初代会長であるジミーホランド部長(メモリアルスロンケタリングがんセンター病院精神科)から、参加の要請を受け、1986年11月河野博臣、武田文和らが発起人となり日本支部として日本臨床精神腫瘍学会(JPOS)が結成され、1987年8月29日、第一回学術大会が開催されました。

創設期の演題は、がん患者の痛みと心、がん告知の是非、QOLとは何かなどが中心でしたが、がん患者の末期医療に従事する医師と看護師が中心となり、いつも会場は熱気にあふれ、多くの医師や看護師に心のケアの重要性を大いにアピールしました。第5回大会から、現在の学会名に変わり、1年に一回の学術集会とニューズレターの発行が主な活動として定着しました。

1995年10月、第二回国際サイコオンコロジー学会が震災直後の神戸で、世界から多くの研究者や臨床家が集って開催されました(会長:河野博臣)。それを契機に、1995年に国内ではじめて精神腫瘍学研究部を開設した国立がんセンタ-の阿部薫総長とJPOSとの間で話し合いが重ねられ、JPOSの学会活動が啓蒙期から学術的発展期に移る時期であること、緩和医学と連携してお互いに勉強を重ねることなどが確認されました。

1997年3月には、第10回学術大会が日本緩和医療学会との初の合同大会(会長:阿部薫)として開催され、1000人を超える参加者があり、緩和医療とともにがん医療の重要な領域を占めることが改めて認識されました。以後、学会として継続した活動をおこなっています。現在会員数は600名前後である過半数を医師が占め、看護師、医療関係の教育職、臨床心理士が続きます。

サイコオンコロジー学会の教育活動  Education

サイコオンコロジー学会では、以下のようなサイコオンコロジーに関わる専門家養成のための教育制度・機会をもうけています。

  1. 精神腫瘍医の教育・育成・登録:登録医制度があります。学会主催研修会を開催しています。
  2. 看護師育成:専門看護師・認定看護師の教育への協力。学会主催研修会を開催しています。
  3. 心理士の育成:がん医療における心理士のための教育プログラムを開発しています。学会主催研修会の開催しています。
学会のご案内