日本サイコオンコロジー学会|JPOS

年別アーカイブ/ARCHIVES-

心理職の教育・研修
Education / Seminar

1. 心理士教育カリキュラム
1-1. 策定の背景

2010年に施行されたがん診療連携拠点病院整備に関する指針において、「緩和ケアチームに協力する薬剤師及び医療心理に携わる者をそれぞれ1人以上配置することが望ましい」ということが明記されました。また2012年には、「専門的な緩和ケアの質の向上のため、拠点病院を中心に、精神腫瘍医をはじめ、がん看護の専門看護師・認定看護師、社会福祉士、臨床心理士等の適正配置を図り、緩和ケアチームや緩和ケア外来の診療機能の向上を図る」ということが、がん対策基本計画に盛り込まれました。このように近年、我が国のがん医療において、心理士を導入する動きが進んできています。
ところで、同じく2012年に策定されたがん対策基本計画において、「学会などと連携し、精神心理的苦痛に対するケアを推進するため、精神腫瘍医や臨床心理士等の心のケアを専門的に行う医療従事者の育成に取り組む」ことが、取り組むべき施策として取り上げられました。かねてよりがん医療に携わる心理士を対象とした教育研修を継続してきた日本サイコオンコロジー学会では、今後さらに、その体制を整備していくことを考えています。

1-2. 教育カリキュラムの策定過程

このような背景をふまえ、日本サイコオンコロジー学会の心理士資格検討委員会では、心理士ががん医療における臨床業務を行なう上で必要なスキルを明確化し、教育目標およびカリキュラムを開発することを目的としたフォーカスグループを実施しました(2012.3.31)。がん医療に関する経験・知識のある心理士、精神科医、心療内科医が集まり、表1の手順で検討を行いました。

表1 カリキュラム策定手順

表1 カリキュラム策定手順

その結果、心理士ががん医療における臨床業務を行なう上で必要なスキルとして、7つのコアスキルが抽出されました(図1)。

図1 教育目標

図1 教育目標
1-3. 教育カリキュラムの内容

日本サイコオンコロジー学会の心理士向け教育カリキュラムでは、この7つのコアスキルを習得し、最終的に「専門家として現場で責任をもって仕事ができる」心理士を育成することを目標としています。7つのコアスキルの詳細は表2をご参照ください。

表2 教育目標

表2 教育目標

2. 心理士向け研修会体制

日本サイコオンコロジー学会の心理士向け研修会は、この7つのコアスキルをカバーするように、対象と目的の異なる、3つのコースから構成されています(図2)。。

図2 心理士向け研修会の全体像

図2 心理士向け研修会の全体像
2-1. スタンダードコース

「スタンダードコース」は、がん医療に関心のある心理士を対象に、2007年から開催しています。初学者を含む幅広い層の心理士を対象としたこのコースでは、がん医療やサイコオンコロジーに関する基礎的な知識や技能を獲得することを、目標にしています。特に、医療現場で働くための基礎知識や、精神心理的なアセスメントについて講義で学んだり、やグループワークを通して互いの経験を共有したりする場となっています。過去の研修で扱ったテーマについては、表3をご参照ください。

表3 過去のテーマ(スタンダードコース)

表3 過去のテーマ(スタンダードコース)

2-2. アドバンスコース I

2013年に新たに始まった「アドバンスコース I」は、実際にがん医療に携わる心理士を対象として開催されています。このコースでは、さらに高度なスキルとして、他職種との情報共有や、実際の心理介入に焦点を当てています。グループワークなどを通して、日頃がん医療の臨床現場で活動する際に求められる知識や技術を習得することを目標としています。なお、アドバンスコース Iを受講するためには、スタンダードコースを修了していることが必要であり、受講は原則的に1回のみとなっています。

2-3. アドバンスコース II

2014年からはさらに「アドバンスコースⅡ」を開催しています。このコースでは、がん医療における心理士の役割を明確にし、他職種に説明して理解を得ていくために、心理活動の計画立案や、広報活動に関するスキルを習得することを目的としています。「アドバンスコースⅡ」まで修了されると、がん医療で心理士として活動するために必要な基本的な知識や技能を網羅的に習得できるよう、プログラムがつくられています。なお、アドバンスコースⅡを受講するためには、アドバンスコース Iを修了していることが必要であり、受講は原則的に1回のみとなっています。

3. 心理士向け研修会の実績

2007年度から始まったスタンダードコースでは、2015年10月現在、のべ718名の方が修了されています(図3)。現在ではその受講者は、全国44都道府県に広がっています(図4)。また2012年度から始まったアドバンスコースⅠは82名(図5,6)、2014年度から始まったアドバンスコース IIは43名の方が修了されています。過去の研修会のテーマについては、表3をご参照ください。

図3 累計受講者数(07-15年度)

図3 スタンダードコース累計受講者数(07-15年度)

図4 都道府県別延べ受講者数(07-15年度)

図4 都道府県別スタンダードコース延べ受講者数(07-15年度)

図5 累計受講者数(12-14年度)

図5 アドバンスコースI累計受講者数(12-14年度)


図6 都道府県別延べ受講者数(12-14年度)

図6 都道府県別アドバンスコースI延べ受講者数(12-14年度)

4. アドバンスコースII修了者

心理士向け研修会アドバンスコースIIまで修了した心理士は63名です(2017年3月1日現在)。 うち、掲載意思を確認した当学会会員43名は表4のとおりです(五十音順)。

                     

表4. 心理士向け研修会アドバンスコースII修了者 (五十音順)

氏名 所属
浅井真理子 帝京平成大学
板垣佳苗 群馬県立がんセンター 精神腫瘍科・がん相談支援センター
伊藤嘉規 名古屋市立大学病院
稲垣理佐子 独立行政法人国立病院機構 横浜医療センター 精神科・心療内科
井上美穂 四国がんセンター
岩淵智恵美 陽和病院
岩滿優美 北里大学附属臨床心理相談センター
植松静香 群馬県立がんセンター 精神腫瘍科・がん相談支援センター
大庭 章 群馬県立がんセンター 精神腫瘍科・がん相談支援センター
岡崎賀美 社会医療法人財団大和会 東大和病院
小笠原亜子 岐阜厚生連 久美愛厚生病院
岡本 恵 京都第一赤十字病院 精神科(心療内科)・緩和ケア内科
加藤美玲 徳島市民病院
小池眞規子 目白大学
小島菜々子 名古屋市立大学病院 緩和ケア部
小杉孝子 国立病院機構 近畿中央胸部疾患センター 支持・緩和療法チーム
坂田尚子 東京大学医学部附属病院 緩和ケア診療部
酒見惇子 神戸大学医学部附属病院
高橋恵子 みやぎ県南中核病院
髙橋美智子 社会医療法人弘道会 なにわ生野病院
高野公輔 済生会横浜市東部病院
髙山由樹 社会医療法人同心会 古賀総合病院
武村尊生 がん・感染症センター 都立駒込病院 神経科
舘野一宏 独立行政法人 国立病院機構 広島西医療センター
舘野由美子 国家公務員共済組合連合会虎の門病院
千葉ちよ 独立行政法人国立病院機構東京医療センター
塚野佳世子 横浜労災病院心療内科
堂谷知香子
縄井一美 相模原協同病院
西内俊朗 川口市立医療センター 総合相談室・がん相談支援センター 
平井 啓 大阪大学/市立岸和田市民病院
廣瀬寧子 熊本大学医学部附属病院 緩和ケアセンター
藤松義人 鳥取県立中央病院  がん相談支援センター
藤原美聡 独立行政法人 国立病院機構 広島西医療センター
福島典子 独立行政法人佐賀県医療センター好生館
福森崇貴 徳島大学大学院総合科学研究部
松田瑞穂 株式会社日立製作所 日立総合病院
三木有希 名古屋市立大学病院
宮﨑厚子 徳島大学病院がん診療連携センター
山下 礼 東京医科歯科大学医学部附属病院
吉田沙蘭 東北大学大学院(教育学研究科)
渡辺詩織
渡邉裕美 大崎市民病院 精神科
心理士教育カリキュラム・資格検討委員会

委員

  • 浅井 真理子
  • 伊藤 嘉規
  • 岩満 優美
  • 大庭 章
  • 岡崎 賀美
  • 平井 啓
  • 藤澤 大介
  • 松島 英介
  • 三木 有希
  • 吉田 沙蘭
(五十音順)

最終更新:2017年6月13日