日本サイコオンコロジー学会|JPOS

年別アーカイブ/ARCHIVES-

2009年9月30日 開催

第22回日本サイコオンコロジー学会 研修セミナー 参加受付を開始しました

各コースとも9月16日(水)をもって参加を締切ります。

下のボタンから、各コースの申し込みが出来ます。
また、ご希望の方は、参加費のクレジット決済が可能です。

日 時:平成21年9月30日(水) 13:00〜18:00(予定)
会 場:メルパルクHIROSHIMA 第1会場・第2会場 (総会会場と同じです)
主 催:日本サイコオンコロジー学会
参加費:
*精神腫瘍医コース:会員10,000円、非会員12,000円(定員120名)
*心理士コース:会員5,000円、非会員7,000円(定員80名)
*看護師コース:会員5,000円、非会員7,000円(定員80名)
(昨年までは日本対がん協会から共催のご支援をいただき、皆様に参加費用の負担をかけずに開催することができましたが、本年度より日本サイコオンコロジー学会単独の事業となったため、有料となりますことを御理解いただけますと幸いです。)

*看護師コースは定員に達しました。現在キャンセル待ちでのお申し込みとなります。
*参加締切日:9月16日(水)
各コースの概要は、以下をご覧ください。

各コースとも9月16日(水)をもって参加を締切ります。 下のボタンから、...

 

「コミュニケーション技術研修会におけるファシリテーター養成講習会」の公募開始

2009.04.29 UPDATE【, ,

平成21年度厚生労働省委託事業
医療研修推進財団 主催
日本サイコオンコロジー学会協力
「がん医療に携わる医師のためのコミュニケーション技術研修会における、ファシリテーター養成講習会」の公募が開始されました。

詳細・お申込みは下記リンク先を参照ください
「財団法人 医療研修推進財団」 http://www.pmet.or.jp/

平成21年度厚生労働省委託事業 医療研修推進財団 主催 日本サイコオンコ...

 

2009年3月14日 開催

初期研修医・医学生のためのがん医療における心の医学セミナー

がん患者に対する心のケアの重要性が広く認識されるようになりました。「精神腫瘍学(Psycho-Oncology)とはどういう学問なのか?」などのテーマについて紹介するとともに、グループディスカッションなどを行い、がん医療における心のケアを広く理解してもらうためのセミナーを計画しました。

【主  催】 日本サイコオンコロジー学会
【対  象】 初期・後期研修医(卒後1-5年目)、医学部学生など
【日  時】 2009年3月14日 13:00〜18:00
【会  場】 昭和大学入院棟地下一階 臨床講堂
【参加費】 1000円

がん患者に対する心のケアの重要性が広く認識されるようになりました。「精神...

 

第一回東アジアサイコオンコロジー学会開催のお知らせ

JPOS学会前日、常任世話人会直後の時間帯に、添付の第一回東アジアサイコオンコロジー会議を開催する運びとなりましたので、取り急ぎご案内申し上げます。
IPOS元会長のグラッシ精神科教授や、認知心理学のDecety教授、そしてアジアの方々とのまたとない交流の機会になりますので、何卒ご参加のほどよろしくお願い申し上げます。

日本サイコオンコロジー学会代表世話人 内富庸介

案内をダウンロード(pdf)
プログラムをダウンロード

JPOS学会前日、常任世話人会直後の時間帯に、添付の第一回東アジアサイコ...

 

「がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会」における教材(精神腫瘍学)

がん対策基本法を受けて、がん対策推進基本計画では、緩和ケアを重点的に取り組むべき課題として位置付け、「がん診療に携わる医師の研修等により、がん患者の状況に応じ、身体的な苦痛だけでなく、精神心理的な苦痛に対する心のケア等を含めた全人的な緩和ケアの提供体制を整備する」ことを目指し、「すべてのがん医療に携わる医師が研修等により、緩和ケアについての基本的な知識を習得すること」が、個別目標の一つとして掲げられました。その目標を実現するために、各都道府県、がん診療連携拠点病院、民間団体等が緩和ケア研修会を開催していくこととなっており、厚生労働省健康局総務課がん対策推進室より全体の取りまとめに関しては日本緩和医療学会に、精神腫瘍学に関する講義やワークショップに関しては、日本サイコオンコロジー学会に協力要請がありました。緩和医療学会主催のPEACEプロジェクトを共催することとなり、9つある教材のモジュールのうち、M-7a気持ちのつらさ、M-7bせん妄、M-8コミュニケーションに関しては日本サイコオンコロジー学会が作成しております。

本教材を使用いただく場合の許諾等は必要ございませんが、順次改定を予定いたしておりますので、使用いただいてみて使用しやすい点、使用しにくかった点など、感想をお聞かせいただけますと幸いです。
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会を開催される場合の一助となればと存じます。

日本サイコオンコロジー学会(JPOS)代表理事 大西秀樹

がん対策基本法を受けて、がん対策推進基本計画では、緩和ケアを重点的に取り...

 

コミュニケーション技術研修会におけるファシリテーター養成講習会

会員のみなさまへ

厚生労働省委託事業
医療研修推進財団 主催 
日本サイコオンコロジー学会 協力

平成20年度 「コミュニケーション技術研修会におけるファシリテーター養成講習会」が開催されることとなりましたので、お知らせいたします。

会員のみなさまへ 厚生労働省委託事業 医療研修推進財団 主催  日本サイ...

 

がん医療に携わる医師のためのコミュニケーション技術研修会

会員のみなさまへ

厚生労働省委託事業
医療研修推進財団 主催 
日本サイコオンコロジー学会 協力

平成20年度 がん医療に携わる医師のための「コミュニケーション技術研修会」が開催されることとなりましたので、お知らせいたします。

会員のみなさまへ 厚生労働省委託事業 医療研修推進財団 主催  日本サイ...

 

日本サイコオンコロジー学会認定 コミュ二ケーション技術研修会(SHARE-CST)ファシリテーター

2008.04.27 UPDATE【, ,

平成19年4月に施行されたがん対策基本法の理念を実践するため、がん対策推進基本計画に、「がん医療における告知等の際には、がん患者に対する特段の配慮が必要であることから、医師のコミュニケーション技術の向上に努める。」という施策が盛りこまれました。
それを受けて、平成19年度厚生労働省委託事業としてがん診療に携わる医師を対象にコミュニケーション技術研修会が新規に全国で始まりました。おかげさまをもちまして研修会では、日本サイコオンコロジー学会認定のファシリテーターの協力を得て、72名の医師が無事研修を終了しました。

本事業のさらなる発展を願って、日本サイコオンコロジー学会認定のファシリテーター35名の氏名・施設名をJPOSのHP上で公表することに致しました。医療研修推進財団に公開されたテキストとDVDは、その研修会で使用するために日本サイコオンコロジー学会の協力のもと作成されたものです。がん患者さんと医療者のより良いコミュニケーションがさらに促進されるよう祈念いたします。

平成20年4月 日本サイコオンコロジー学会代表世話人 内富庸介

平成19年4月に施行されたがん対策基本法の理念を実践するため、がん対策推...

 

2008年3月29日 開催

初期研修医・医学生のためのがん医療における心の医学セミナー

がん患者に対する心のケアの重要性が広く認識されるようになりました。「精神腫瘍学(Psycho-Oncology)とはどういう学問なのか?」などのテーマについて紹介するとともに、症例検討、グループワークなどを行い、
がん医療における心のケアを広く理解してもらうためのセミナー
を計画しました。

主催    日本サイコオンコロジー学会
対象    初期・後期研修医(卒後1-5年目)、医学部学生など
日時    2008年3月29日 13:00〜18:30
会場    国立がんセンター東病院
参加人数  約50名

がん患者に対する心のケアの重要性が広く認識されるようになりました。「精神...

 

2008年3月16日 開催

がん医療に携わる医師のための悪い知らせを伝える際のコミュニケーション技術セミナー開催のご案内

(財)医療研修推進財団主催 日本サイコオンコロジー学会協力のもと、「がん医療に携わる医師のための悪い知らせを伝える際のコミュニケーション技術セミナー」を開催することになりましたのでご案内させていただきます。

日時:3月16日10時〜16時 大手町JAホール
詳細は以下をクリックしてください↓
http://www.pmet.or.jp/cst/seminars-bosyu-a.html
問い合わせ先:医療研修推進財団

(財)医療研修推進財団主催 日本サイコオンコロジー学会協力のもと、「が...