日本サイコオンコロジー学会|JPOS

年別アーカイブ/ARCHIVES-

2011年9月28日 開催

日本サイコオンコロジー学会 サイコオンコロジー研修セミナー参加者募集

2011.09.13 UPDATE【,

日本サイコオンコロジー学会では、学会総会前日の9月28日水曜日に以下の要項でサイコオンコロジー研修セミナーを開催いたします。当学会会員におかれましては2011年7月1日(金)より、非学会員におかれましては7月15日(金)より、応募受付を開始致します。

精神腫瘍医コースと心理士コースは内容を毎年異なるものとしております。看護師コースは内容は基本的にはこれまでのものと同様ですが、グループワークを中心としたセミナーの為、これまで参加された方でも新たな学びができると考えております。よって、どのコースにしましても、過去に参加されたことがある方も奮ってご参加ください。

※精神腫瘍医コース、看護師コース、心理士コース共に9月7日(水)をもって締め切りとなります。

日本サイコオンコロジー学会では、学会総会前日の9月28日水曜日に以下の要...

 

2011年9月28日 開催

第11回 がん患者の抑うつと不安に関する研究会 のご案内

2011.09.01 UPDATE【,

本研究会はがん患者における抑うつや不安に関する研究成果の情報交換を通じ、がん患者の抑うつや不安に対する治療法の向上を目的として毎年開催しております。

本年は、「がん医療における新規抗うつ薬の臨床的位置付け」について、3名の先生方にご講演をいただきます。
諸事ご多用とは存じますが、ご聴講いただきますようご案内申し上げます。

本研究会はがん患者における抑うつや不安に関する研究成果の情報交換を通じ、...

 

2011年10月 1日 開催

大阪大学公開講座『クリニカルサイコオンコロジーの理論と実践』のご案内

2011.08.29 UPDATE【,

サイコオンコロジーをテーマとして、医療分野や関連領域で「こころの問題」を扱うエキスパートとして必要な1)精神医学・心理学・病理学
・現象学・行動科学・マーケティングサイエンスなどの学問体系に基づく知識と方法、2)異なる専門性を持った人たちの「チーム」で仕事
を進めていく上で必要なウィルとスキルを学ぶ講座です。
 4日間の集中講義は、それぞれテーマについて、講義とグループワークを中心とする体験型の授業形式で展開されます。テーマは、がん治療の総論から精神医学的問題について、またサイコオンコロジーの研究に関して、総論から質的研究や面接法、行動科学によるアプローチ法など多岐にわたり、それぞれ専門医や第一線で活躍されている研究者が講義を担当します。

サイコオンコロジーをテーマとして、医療分野や関連領域で「こころの問題」を...

 

2011年9月20日 開催

第7回「がんと就労」勉強会

2011.08.22 UPDATE【,

共催:
・平成22年度厚生労働省がん臨床研究事業
 「働くがん患者と家族に向けた包括的就業支援システムの構築に関する研究」班
・主婦会館

日時:2011年 9月20日(火)午後6:30-8:30 (6:15受付開始)
場所:主婦会館プラザエフ4階会議室「シャトレ」
   〒102-0085 東京都千代田区六番町15番地(JR四ツ谷駅麹町口正面)
   会場アクセス http://plaza-f.or.jp/access_index.html

共催:・平成22年度厚生労働省がん臨床研究事業 「働くがん患者と家族に向...

 

2011年11月12日 開催

第10回医療従事者向け 「がん患者さんの性を支援するための研修会」

2011.08.22 UPDATE【,

本研修会ではがん治療を受ける女性のセクシュアリティに焦点をあて、講義とロールプレイを組み合わせて、多忙な現場で無理なく効果的に暮らしの性的側面をサポートするための基本技法を学びます。全国からの参加者と、臨床現場での疑問点や経験を分かち合う機会になります。

本研修会ではがん治療を受ける女性のセクシュアリティに焦点をあて、講義とロ...

 

2011年9月 3日 開催

精神腫瘍学の基本教育に関する指導者研修会

2011.06.21 UPDATE【,

 平成19年に施行された「がん対策推進基本計画」に基づき、がん診療に従事するすべての医師を対象とした「緩和ケア研修会」が全国で開催されています。「緩和ケア研修会」のプログラムには精神症状およびコミュニケーションの教育を含む必要があり、これを行うためには原則として「精神腫瘍学の基本教育に関する指導者研修会」を修了している必要があります。

 日本サイコオンコロジー学会は日本緩和医療学会に協力して、平成20年度から表記指導者研修会を行っています。今年度は3開催を予定し、既に第14回を528-29日に船橋にて実施致しました。今後さらに、下記2回の指導者研修会を予定しております。

 地域のがん診療における精神的ケアのレベルアップのため、ぜひ指導者研修会を受講し、地域で行われる緩和ケア研修会にご協力ください。

 お申込み、受講資格の確認は下記URLよりお願いいたします。

http://www.jspm-peace.jp/seminar.html

 平成19年に施行された「がん対策推進基本計画」に基づき、がん診療に従事...

 

平成23年度がん医療に携わる医師に対するコミュニケーション技術研修会(平成23年度厚生労働省委託事業)

2011.06.08 UPDATE【,

1 目的
がん患者ががんの治療方法等を納得して自分自身で選択できるような体制が求められており、適切なインフォームド・コンセントを前提としたがん医療体制を整えていく必要があります。しかし、がん医療に携わる医師からの患者への説明方法が適切でないことも少なくなく、それによりがん患者に必要以上の精神的負担を強いて、ときには治療法等の選択を誤らせることもあります。したがって、患者が納得した上で安心して治療法等の選択が出来るように、患者と医師との間により一層の良好なコミニュニケーションを築くための技術を研修することを目的とします。

1 目的がん患者ががんの治療方法等を納得して自分自身で選択できるような体...

 

2011年5月27日 開催

緩和ケアチーム精神症状緩和担当医師のための支援ネットワークへの登録のご案内

2011.05.27 UPDATE【,

                                                  2011年5月27日
がん診療連携拠点病院・緩和ケア診療加算届出施設
緩和ケアチーム 各位


  緩和ケアチーム精神症状緩和担当医師のための支援ネットワークへの登録のご案内
                       

一般社団法人日本サイコオンコロジー学会
代表理事 大西 秀樹
(埼玉医科大学国際医療センター)


さて、このたび、日本サイコオンコロジー学会では、全国の緩和ケアチームを対象として、精神症状緩和にご尽力されている先生方の間で情報交換を進め、先生方の活動を支援することを目的に、精神症状緩和を担当される先生方を対象としたメーリングリストを開設することといたしました。

...

 

2011年5月23日 開催

東日本大震災被災地における調査・研究に関する緊急声明

2011.05.23 UPDATE【

この度日本精神神経学会より、東日本大震災被災地における調査・研究に
関する緊急声明が表明されました。

つきましては、当学会ホームページからも日本精神神経学会緊急声明を周知させ
ていただきたいと存じます。

東日本大震災被災地の皆様への一助になれば幸いです。

一般社団法人日本サイコオンコロジー学会
代表理事  大西 秀樹

詳細は下記のページをご覧ください。
http://www.jspn.or.jp/info/2011_03_11info/info/2011_04_20jspnkinkyuuseimei.pdf

この度日本精神神経学会より、東日本大震災被災地における調査・研究に 関す...

 

東北地方太平洋沖地震により被害を受けられた皆さまへ

2011.05.11 UPDATE【

このたびの東北関東大震災におきまして、亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。被災された皆様およびそのご家族の方々に対し、心よりお見舞い申し上げますとともに、被災地の一日も早い復興を心より祈念しております。
私たち日本サイコオンコロジー学会と致しましても、様々なかたちで皆様の支援に努力して参りたいと思います。特に、被災地におられるがん患者様とそのご家族におかれましては、これまでにもまして不安な日々をお送りのこととおもいます。多くの地域にあるがん診療連携拠点病院には、がん診療に協力している精神科医、心療内科医、心理士などの専門家がおりますので、ご利用いただければとおもいます。尚、各地域のがん診療連携拠点病院は、国立がん研究センターがん対策情報センター がん情報サービスなどから調べることができます。

一般社団法人日本サイコオンコロジー学会
代表理事  大西 秀樹

このたびの東北関東大震災におきまして、亡くなられた方々のご冥福を心よりお...

 
« 前の10件 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16